企画旅行

自己啓発の道としての旅

旅に出ると、自分の日常から解放され、知らない土地や文化や人々に啓発されて、自分の中の未知の要素に出会えます。それと同時に、人間が根本的に持っている「知」への欲求が満足させられ、自分が広がります。ですから、私自身も旅行、それもリゾート型ではなく、カルチャー旅行が大好きです。

 長年のドイツ生活とアントロポゾフィーの世界観、芸術観によって培ったヨーロッパ文化・美術への造詣とキリスト教への理解を生かして、テーマ旅行の企画、随行をいたします。もちろん、ドイツ語圏が得意ですが、教会建築といったテーマでヨーロッパの国境を越えてのテーマ旅行もできます。
得意分野:ドイツ全域、特にアルザス・上ライン地方、ドルナッハとゲーテアヌム、「古典街道」(ワイマール、ライプツィヒ、ドレスデン)、フランス・ブルゴーニュ地方のロマネスク建築、ドイツ、フランスのゴシック建築、ドイツ絵画

次の旅行 2014年12月25-31日(翌日現地出発)「神秘劇観賞ツアー 《人間は境域なり》」


ツアーの予定表はPDFにてご用意しております。お気軽にお問い合わせください。


2013年7月22-29日(現地出発)「神秘劇観賞ツアー」

27人参加で、成功裡に終了いたしました。

2009年「アントロポゾフィー施設見学旅行」

2009年8月22-29日(現地出発)、12人参加で成功裡に終了いたしました。

プログラム*2009年3月現在
「アントロポゾフィー施設見学旅行」
1日目
8月22日(土)
2日目
8月23日(日)
3日目
8月24日(月)
4日目
8月25日(火)

(ルフトハンザ機で
   朝、日本を出発)
15:00頃
フランクフルト空港で
待ち合わせ
18:00
ビンゲンハイム到着 部屋割り
9:00
礼拝式に参加
10:00
ビンゲンハイム施設見学 
12:00
グループまたは職員食堂で昼食
13:30
フランクフルトに向けて出発
14:30
フランクフルト着
老人施設ハウス・アヤ・テクストール・ゲーテ見学
16:45
ビンゲンハイムに向けて発つ 
18:00 夕食
8:30
ビンゲンハイム工房を平日に見学
10:00
シュトゥットガルトへ出発
車中で昼食
「アントロポゾフィーの社会運動」
など
13:30
ニコラウス・クザヌス・ハウス到着
施設見学
16:00
ドルナッハへ出発
19:00 ドルナッハ到着 部屋割り
シュタイナー学校見学
14:00 
バーゼル絵画館見学
16:00
大聖堂見学
17:00
バーゼル市で解散、自由行動
宿泊場所:ビンゲンハイム 宿泊場所:ビンゲンハイム 宿泊場所:ドルナッハ 宿泊場所:ドルナッハ
5日目
8月26日(水) 
6日目
8月27日(木) 
7日目
8月28日(金)
8日目
8月29日(土)
学校または幼稚園
14:00
第二ゲーテアヌム 香川によるガイド

ゲーテアヌム周辺
ガイドまたは自由散策
8:00 バスで出発
8:45
Ottmarsheim
教会見学
9:30 Colmar へ
10:15 Colmar 到着
ウンターリンデン美術館
その後、 自由行動
(昼食、買い物など)
13:00
シュトラスブルグに向けて出発
14:30
シュトラスブルグ着  大聖堂見学
16:30
ドルナッハに向  けて出発
18:30
ドルナッハ帰着
8:15 ゾンネンホフ見学
ゾンネンホフまたは
イタ・ヴェーグマン病院で昼食
13:30 イタ・ヴェーグマン病院見学
16:00 エルミタージュ散策
(お別れ夕食会)
8:30 ドルナッハ出発
9:00
バーゼル空港着
10:30
ルフトハンザ機で
フランクフルトに向けて離陸
9日目  8月30日(日) 
朝、日本着
宿泊場所:ドルナッハ 宿泊場所:ドルナッハ 宿泊場所:ドルナッハ 宿泊場所:機内
*変更の可能性あり
見学先は以下の三本の柱によって構成されています。

1.アントロポゾフィーの社会運動施設

第二ゲーテアヌム
  • ビンゲンハイム生活共同体 子どもと大人のグループホーム、治療教育の学校、作業所が共存する、ドイツでも最古・最大の共同体の一つ
  • ハウス・アヤ・テクストール・ゲーテ(ゲーテの母親の名前をとったアントロポゾフィーの老人ホーム、フランクフルト市内)
  • ニコラウス・クザヌス・ハウス(非常に美しい建築のアントロポゾフィーの老人ホーム、シュトゥットガルト郊外)
  • バーゼルのシュタイナー学校
  • イタ・ヴェーグマン病院 (アントロポゾフィー医学の揺り籠)
  • ゾンネンホフ(イタ・ヴェーグマンによって建てられた治療教育の揺り籠)

2.現代の「聖堂」ゲーテアヌムをヨーロッパの精神史と建築史から理解するための建造物

  • 中世世界随一の高さと威容を誇るシュトラスブルグ大聖堂
  • ロマネスクからゴシックへの移行の跡の残るバーゼル大聖堂
  • オットマースハイムの八角堂教会(11世紀の非常に珍しい八角堂の教会)
  • 第二ゲーテアヌム(元ゲーテアヌム公式日本語ガイドの香川がガイド)

オットマースハイムの八角堂教会

3.その南端にドルナッハが位置するところのヨーロッパの霊地アルザスをヨーロッパ神秘主義の
  系譜の中で理解するための施設

イーゼンハイマー祭壇画、
復活のキリスト
  • コルマールのドイツ・ゴシック美術の傑作であるイーゼンハイマー祭壇画
  • バーゼル市絵画館でもう一つのグリューネヴァルトの磔刑図を鑑賞>
  • アーレスハイムのエルミタージュ・イギリス公園

2008年「ヨーロッパの聖地アルザスの旅」

   参加者7名

プログラム
日にち 午 前 午 後 宿泊地
7/25. フランクフルト空港で集合 ボーフムに移動 Bochum
26 ボーフムのキリスト者共同体教会見学(建築:シャルーン)司祭のお話 Bochum
27 Bochum 集会にて礼拝式参列  集会の方たちと交流   ケルン観光 Bochum
28 プフォルツハイムに向かう (バス) 老人施設ヨハネスハウス見学 Karlsruhe
29 カールスルーエ美術館   シュトラスブルグ大聖堂*  フライブルグ大聖堂 Dornach
30 イタ・ヴェーグマン病院見学 市電でバーゼルに移動 大聖堂・美術館見学 Dornach
31 オットマースハイムの八角教会 コルマール: イーゼンハイマー祭壇画並びに市内観光  ロンシャンのノートルダム教会  (終日バスで移動*) Dornach
8/1 エルミタージュ・イギリス公園散策
ゾンネンホフ(治療教育施設)
ゲーテアヌム見学 Dornach
2 日本への帰途。
現地ガイドがつく